3DAYS

3日で会社を変革する経営最適化プログラム

グローバル競争、デジタル化、事業構造やビジネスモデルの転換、全てが遅れている日本企業にとって、経営の全体最適化は速やかに解決しなければならない最重要課題です。

​3DAYSはこの最重要課題を3日で解決に導きます。

貴社は部分最適に陥っていませんか?

 

☐ 経営計画を作っても実行されない

☐ 部署間が連携せず、対立している

☐ システムを変えたが効果が出ない

☐ 研修を導入したが人材が育たない

☐ 仕組みやルールが形骸化している

 

1つでも当てはまるなら「経営の全体最適化」が必要です。

 

9割の企業が陥る部分最適の落とし穴

これまで多くの企業が、経営計画の策定、組織体制の見直し、システムの刷新、育成研修の導入、仕組みやルールの整備など、業績の改善に向けた様々な改革に取組んできました。しかし、それらの結果を見ると、当初期待されたような成果を上げることはなく、ただ時間と労力を浪費するだけで、改革はほとんど進んでいないのです。

このような結果を招いてしまうことの背景にあるのが「経営の部分最適化」という問題です。経営の部分最適化とは、「会社の方針、人、組織、仕組み、システムなどあらゆる経営資源が限られた範囲や部分では最適であるが、会社全体として見れば何ら貢献せず非最適である、もしくは悪い影響を及ぼす状態にある」ということを意味します。

企業は、この部分最適化の問題を速やかに解決させ、全体最適化を進めていかない限り、いかなる取組みもまた同じ失敗を繰り返すことになり、生産性は改善するどころか、逆に無駄な時間と労力を増やし、さらなる悪化を招くことになるのです。