すべての社員に「全体最適の視点」を持たせる-5

なぜ人・組織に対する取組みは企業の成長に貢献できないのか?


しかし、現状の様にもしも取組みが上手く行っていないとすれば、まずは、そもそものベースとなっている「人・組織の成長が、企業の成長につながる」という組織論や人材育成論を一度立ち止まって疑う必要があるのです。

そして、実際にこの前提を疑っていくと、例えば「社員の主体性が高まったからといって、営業成績が上がる訳ではない」や「組織が活性化したからと言って、利益率が改善するわけではない」など、実は「人・組織の成長」と「企業の成長」との間には何か明確な因果関係がある訳ではなく、ただ単に「人・組織が変化すればきっと業績にも良い影響があるだろう」という極めて曖昧な期待感だけがある、ということが分かってくるのです。

そして、そのような曖昧な根拠に基づく取組みというのは再現性や実効性が極めて低く、いくら同じ取組み繰返しても、企業の成長は永遠に実現することはないことが見えてくるのです。



続く


最新記事

すべて表示

「自分のことは自分で守る」そんな理屈が世の中を衰退させているのではないでしょうか。 このように「守りの論理」というものが、いわば自分を優先させるという自分最適化を助長させる要因となるのです。 多くの人にとっては、そこまで極端ではなく、ある程度は他者の利益とのバランスを取りながら生活をしているとは思いますが、いま世の中全体が、閉塞感に包まれ、何か嫌な方向に向かっているのはこういった背景があるのではな

「自分のことは自分で守る」そんな理屈が世の中を衰退させているのではないでしょうか。 まず大事なのは自分の利益であって、他者の利益を優先するということはないということです。 経済循環がどうなろうと生活を守るためには消費を抑え所得は貯蓄に回し、また自由や権利を脅かしたり生活に脅威となるものに対しては、自己防衛のために徹底的に攻撃を加え排除するのです。 続く

「自分のことは自分で守る」そんな理屈が世の中を衰退させているのではないでしょうか。 誰もが政治や行政に失望し、また経済は先行きが見えず、自分が勤める会社もいつどうなるか分からない。そんな状況の中で、誰だって自分を守ることは当たり前のことです。 しかし、良く考えなければならないのは「自分を守る」「自分で守る」というのは言い換えれ自分以外の人たち、自分の守備以外の利益というのはに二の次にするということ