すべての社員に「全体最適の視点」を持たせる-8

では人と組織がこの成長につながる仕事へ転換を図るためには、どのような具体策を検討すれば良いのでしょうか?


この問い対し、今後重要なキーワードとなっていくのが「全体最適の視点」というものです。


「全体最適の視点」とは、組織で働く一人ひとりが高い視点から会社全体を見渡し、会社の成長のために今やるべきことは何か、あるいはやめるべきことは何かを考え、日常業務を無駄のない優先度の高い取組みに最適化する能力です。

この「全体最適の視点」を全ての社員が持ち、既存の業務を自社の成長につながる業務へと最適化することで、企業は一気に生産性の高い組織に生まれ変わり、成長への道筋が開けていくのです。



続く


最新記事

すべて表示

「自分のことは自分で守る」そんな理屈が世の中を衰退させているのではないでしょうか。 このように「守りの論理」というものが、いわば自分を優先させるという自分最適化を助長させる要因となるのです。 多くの人にとっては、そこまで極端ではなく、ある程度は他者の利益とのバランスを取りながら生活をしているとは思いますが、いま世の中全体が、閉塞感に包まれ、何か嫌な方向に向かっているのはこういった背景があるのではな

「自分のことは自分で守る」そんな理屈が世の中を衰退させているのではないでしょうか。 まず大事なのは自分の利益であって、他者の利益を優先するということはないということです。 経済循環がどうなろうと生活を守るためには消費を抑え所得は貯蓄に回し、また自由や権利を脅かしたり生活に脅威となるものに対しては、自己防衛のために徹底的に攻撃を加え排除するのです。 続く

「自分のことは自分で守る」そんな理屈が世の中を衰退させているのではないでしょうか。 誰もが政治や行政に失望し、また経済は先行きが見えず、自分が勤める会社もいつどうなるか分からない。そんな状況の中で、誰だって自分を守ることは当たり前のことです。 しかし、良く考えなければならないのは「自分を守る」「自分で守る」というのは言い換えれ自分以外の人たち、自分の守備以外の利益というのはに二の次にするということ